スキーツアー

朝発日帰りスキーバスツアーまとめてみました。

スキーツアーで一番人気は、朝発日帰りスキーツアーです。休みが1日あればOKで、スキー場の滞在時間も5~7時間くらいあります。

スキー場でリフト券を購入すると4,500円~5,000円位します。朝発日帰りスキーツアーだと往復バス+リフト券がついて3,900円~とリフト券単体より安いのが人気の理由です。

でも、なんでそんなに安いの?そんな疑問や人気のツアー、取り扱い旅行会社をご紹介します。

朝発日帰りスキーツアー

朝発日帰りスキーバスツアーはなぜ安い?

上記でも記載しましたが、朝発日帰りスキーバスツアーは3,900円~と激安です。

なぜ、リフト券買うより安いの? 往復バスはいらないから、リフト券だけ購入できますか?

毎年、このような質問が多くなっています。

バス代が安い事もありますが、リフト券の仕入れ代金が安いんです。最安値なら100円なんて日もあります。

でも、それでスキー場は利益が出るのでしょうか?

ほとんどのお客様が望んでいるのは、このスキー場に行きたい!よりも格安に行けるスキー場なのです。旅行会社はたくさんのスキー場と契約をしていますが、リフトの仕入れ代金が安ければ売れるのでスキー場行きのバスを多く運行します。特にシーズン中の1月や平日はどこのスキー場もお客様が欲しいんです。リフト券は100円だけど、お客様が来てくれればレンタル代・ロッカー代・昼食代・休憩時のドリンク代など現金収入が入ってきます。

集客の少ない1月や平日は、スキー場はリフト券で利益を出すのではなく、現地での現金収入を利益にしています。お客様が来なかったらロッカーは空きのまま、お客様が少なくても調理場やリフト係りの従業員など固定のコストはかかってしまいます。なのでスキー場は他のスキー場に行かれるよりは、少しでも安くしてバスの運行を誘致するのです。

朝発日帰りの特徴として、日帰りの設定のみのスキー場がほとんどです。関東で言うと、群馬・山梨・栃木に日帰りバスツアーは集中しています。宿泊ツアーがない=スキー場近くに宿泊施設が多くないんです。

長野・新潟のスキー場は徒歩圏内にたくさんのホテルや民宿など宿泊施設があります。なので、レンタルに関してはスキー場・宿泊施設・その他レンタルショップがあり価格競争がおこっています。

しかし、周辺にそのような施設が少ないエリアのスキー場はレンタルでもきっちり利益を取れているのです。

朝発日帰りスキーツアーが安い理由がわかりましたか?

[adsense]

 

朝発日帰りスキーツアーの設定があるスキー場一覧

朝発日帰りスキーツアーは、滞在時間を優先している為、出発地から遠いスキー場は設定されていません。こちらでは、各出発地ごとに朝発バスツアーの設定があるスキー場をご紹介します。

 

[su_tabs class=”my-custom-tabs”]
[su_tab title=”関東発”] 関東発の設定がある朝発日帰りスキーツアーのスキー場をご紹介します。朝発日帰りでも滞在時間が5~7時間位あり十分楽しむ事ができます。

丸沼高原スキー場 川場スキー場 たんばらスキーパーク
 ふじてんスノーリゾート  スノータウンイエティ  カムイみさかスキー場
 車山高原スキー場  白樺湖ロイヤルヒル  ノルン水上スキー場
 水上宝台樹スキー場  奥利根スノーパーク  軽井沢プリンスホテルスキー場
富士見パノラマリゾート かたしな高原スキー場 舞子スノーリゾート
エーデルワイススキーリゾート スノーパーク尾瀬戸倉 ホワイトワールド尾瀬岩鞍
アサマ2000パーク 湯の丸スキー場 かぐらスキー場
苗場スキー場

[/su_tab]
[su_tab title=”東海発”] 準備中[/su_tab]
[su_tab title=”関西発”]準備中 [/su_tab]
[su_tab title=”九州発”] 準備中 [/su_tab]
[/su_tabs]

 

 

人気のスキー場は?

朝発日帰りスキーツアーは関東、東海、関西エリアで多く設定されています。ここでは出発地エリアごとに人気のスキー場をご紹介します。

関東エリア

圧倒的に朝発日帰りスキーツアーの設定が多いのが関東エリアです。出発地も豊富で、新宿・池袋の定番エリアはもちろん最近では、大宮・川越・所沢などの埼玉エリアや柏・流山・船橋などの千葉エリア、横浜・川崎などの神奈川エリアなどたくさんの出発地があります。5年位前までは、新宿や池袋からの出発だけでしたがここまで設定が増えるとは思いませんでした。

丸沼高原スキー場

丸沼高原スキー場

雪質、コース共に人気NO1!スキーツアーの値段も安く、各社多数設定をしています。初心者から上級者まで楽しめるコースです。

 

カムイみさかスキー場

カムイみさかスキー場

とにかくツアー代金が安い。また、レンタル料金も近郊日帰りツアーの中では最安値。

 

たんばらスキーパーク

たんばらスキーパーク

少し値段は上がりますが、設定も多く人気のスキー場です。子供も楽しめるエリアもあるので週末になると、お父さんと子供の2名参加も多数見受けられます。

 

取り扱い旅行会社は?

朝発日帰りスキーバスツアーは多数旅行会社で取り扱っていますが、実は企画している旅行会社は少数なのです。自社で集めるよりも、他社に流し込みで手数料を貰った方が利益が出るからです。

旅行業界では、このように企画して販売する会社を主催会社、主催会社から商品を買って販売する代理販売があります。

こちらもエリア別に取り扱い旅行会社をご紹介します。

関東出発

全国で朝発日帰りスキーツアーの出発地が多いのが関東発です。新宿や池袋など主要都市はもちろん、大宮・川越・横浜・町田などたくさんのエリアから出発しています。

販売会社はたくさんあるのですが、主催している会社は4社だけなのです。

オリオンツアー主催商品

オリオンツアーが主催する朝発日帰りスキーツアー。関東で出発地NO1です。そのツアーを販売している旅行会社もたくさんあります。パンフレットの販売店を入れると数が多くなるのでウェブで販売している会社をまとめてみました。

・スキー市場(トラベルマルシェ)

オリオンツアーの100%子会社です。すべてのツアーを取り扱っていて、24時間オンライン予約も出来ます。間際になるにつれ商品が安くなる事があり、オリオンツアーよりも安く買える事があります。

・トラベルロード

ウェブの販売会社。学生の合宿ツアーに強い会社で、若い方には名前が知られています。残念ながらオンライン予約ができず、リクエスト受けと言う形なのですぐに予約が確定になりません。

 

ビッグホリデー主催商品

ビッグホリデーが主催する日帰りスキーツアー。数年前までは圧倒的1位だったのですが、ここ数年オリオンツアーに1位を取られています。ビッグホリデーの朝発日帰りスキーツアーを取り扱う旅行会社も多く、JRの駅の中にある旅行会社ビューも販売しています。2016-2017シーズンも最小催行人員は15名です。特に平日の申し込みは注意が必要です。スキーツアーが中止になる事があります。

下記の販売会社を見ていただければわかりますが、代理店の販売比率が高くなっています。

・旅活(プレイガイド)

ビッグホリデーのグループ会社のプレイガイドの旅行部門です。すべての商品がビッグホリデーよりも安く買えます。ビッグホリデーよりも予約も取りやすいので、おススメです。

・ロイヤルホリデー

大阪に本社を置く旅行会社です。スキーツアーに関しては自社で主催はしておらず代理販売のみの旅行会社です。ホームページは綺麗に整理されていて見やすいです。

・ビーウェーブ

こちらも大阪に本社を置く旅行会社です。関東発の朝発日帰りツアーはビッグホリデーの代理販売をしています。こちらも、ホームページは綺麗に整理されていて予約が取りやすくなっています。

・トラベックスツアーズ

朝発日帰りバスツアーは基本的にはビッグホリデーの商品を販売しています。ゴールデンウィークなど少し自社ツアーも企画しています。

・アップオン

大阪に本社がある旅行会社です。関東発に関しては全てビッグホリデーの代理販売になります。

 

トラベルイン主催商品

トラベルインが主催する日帰りスキーツアー。朝発日帰りスキーツアーには全然力を入れていなかったのですが、2015シーズンからたんばらスキーパークなど販売を始めました。残念ながら催行される事が少なかったです。

・タビックスジャパン

トラベルインと同じくタイヘイグループの旅行会社です。昨シーズンからタビックスジャパンの方がトラベルインの社長をしているので今年も力を入れて販売しています。

 

四季倶楽部

最安値宣言を出している旅行会社で38年の実績と信頼と表現しています。色々な企画をしていて、サイトを見ると特徴がわかります。今年も最安値ツアーとして1,919円(イクイク)、2,525円(ニコニコ)プランも販売予定です。しかし・・・もちろん赤字で運行するとは思いますが、(1,919円×46名乗ってもバス代になりません)キースツアーのようにバス会社に大幅値下げをお願いしていない事を願います。四季倶楽部は自社販売のみとなっています。

 

関西発

関西発の日帰りスキーツアーは、兵庫、岐阜、滋賀に行くツアーがほとんどです。関西の旅行会社は横の繋がりが強く、主催している会社はラド観光(クイックライナー)と神姫バスツアーズの2つとなります。

ラド観光

関西の朝発日帰りスキーツアーはほぼラド観光のクイックライナーと思っていいです。なので基本的にはどこで申し込みをしても同じ内容になります。

販売店については、たくさんありすぎるので省略します。

神姫バスツアーズ

兵庫では有名な神姫バスの子会社でハートツアーというブランド名で販売しています。ラド観光では取り扱っていないスキー場が多いです。