お役立ち

スノボでかかる費用完全ガイド!項目別にチェック

ウィンターシーズン到来!初めてのスノボを計画されている方も多いことでしょう。そんなビギナーの方は、スノボの費用ってどれくらいなんだろう…なんて、気になっていませんか?費用のハードルが高そうで、踏み出せない方も居るはず。
もちろん購入内容によってはピンキリになりますが、案外リーズナブルに始めることも可能なんですよ。ここでは実際にスノボでどのような費用がかかるのか、項目ごとにチェックしていきたいと思います。

アイテム費

必ず揃えないといけないのが、ボードやウェアなどスノボの道具一式です。購入するにしろ、レンタルするにしろ、これがないと始まらない!スノボの必須アイテムを見ていきましょう。

スキー・スノーボードセット

これがないと始まりません。スキー場でレンタルすると高いですが、スキーツアーで借りると無料で借りれる場所もあります。

レンタル 無料~3,000円位

ウェア

これもスキースノボでは必須です。スキーツアーで借りると昔のウェアなどが出てきて恥ずかし思いをした事があるかもしれません。しかし今はおしゃれなウェアを無料で貸し出しているツアーもあります。

レンタル 無料~3,000円位

1シーズンで何回か行く場合は下記のような安いウェアを購入してもいいかもしれません。

【タイムセール50%OFF】◇ウィンターウェア/ウィンターウエア◇2016モデル R-ltd(アールリミテッド) メンズ スノボウェア 上下メンズ スノーボードウェア 上下セット

価格:6,912円
(2016/11/6 21:28時点)
感想(14件)

グローブ・ゴーグル・帽子

・グローブは安全の為にも必須。スキー場によってはレンタルがなく販売のみの場合がある為事前にチェックしておきましょう。

レンタル 無料~各500円位

防水グローブ ロゴス LOGOS 『 防水グローブ・ファース』 てぶくろ 手袋 防寒手袋 防水手袋 防水てぶくろ 防水防寒グローブ 防水防寒てぶくろ 透湿 蒸れない 防水防寒 スキー スノーボード スノボ キャンプ用品 アウトドア 冬用 バイク マリンレジャー 登山

価格:2,678円
(2016/11/6 21:37時点)
感想(3件)

交通費

スキー場が家の目の前…なんて場合をのぞいて、ゲレンデまで行くのには交通費がかかります。車、新幹線、バス…それぞれの交通手段別に、具体的な費用をご紹介していきます。

マイカー移動は、特に大勢の仲間やファミリーでワイワイ騒いでも、周りの目を気にしなくていいので気楽ですね。車両代は別として、マイカーでかかる費用はガソリン代と高速代です。
ここでは東京から苗場スキー場に行く場合の費用を見てみましょう。高速代は往復約7,800円、ガソリン代約4,200円、合計約12,000円です。
4人で割れば往復約3,000円/1人、3人なら約4,000円/1人、2人なら約6,000円/1人となりますね。
マイカーの場合は更にスタッドレスタイヤやチェーンなど雪道用の装備費用もかかります。

新幹線

新幹線は渋滞の心配もなく、一番ラクな交通手段です。ただし駅チカのゲレンデのみに利用が限られるのと、費用が割高な点がデメリット。
たとえば東京から苗場スキー場までを見てみると…越後湯沢駅まで新幹線で往復12,300円。更に越後湯沢駅から苗場スキー場までバス往復1,340円。
往復合計13,640円と最も高額に。

バス

路線バスはやっぱり格安です。しかも乗り換え無しで目的地まで行けるのが便利。たとえばこちら(http://bus.nta.co.jp/contents/campaign/seibu_bus/)品川プリンスホテル~川越的場から苗場スキー場まで、往復7,200円です。こちらは片道から購入可能。他にも旅行会社が運営するスキー場までのバスはありますが、片道から販売している会社はあまりありません。

宿泊費

時間を気にせずめいっぱい滑りたいなら、やっぱり日帰りより泊りがけです。もちろん、その場合は宿泊費も必要になります。宿代はもっとも差が大きく、民宿・ペンション・ホテルなど料金が全然違ってきます。ここでは希望の条件や予算に応じて検索できるサイトをご紹介します。
dトラベル

ドコモのdトラベルは、200社の旅行会社から一括で比較検索・予約ができるサイトです。料金順などの他、スキー場から近い順での検索が便利。JRや飛行機とセットでお得な宿泊プランが用意されているホテルもありますよ。



るるぶトラベル

旅行雑誌でおなじみのるるぶによる旅行予約サイト。当日予約やサイト限定のお得なプラン、飛行機やレンタカーとのセット宿泊プランなども探せます。料金順などの他、空室数順の検索も可能です。