スキーツアー

スキーツアー 2016シーズン11月12月分販売が各社スタート。

いよいよ2016-2017シーズンのスキーツアーが販売開始されてきました。毎年の傾向ですが、関東発エリアの旅行会社大手3社が発売開始をして

その後、販売代理店が続々と発売していく流れになっています。

今年のツアーは全体的に少し値段が上がっているように感じます。1番の原因はバス代金の大幅な値上げです。バス代金を下げてしまうとバス会社はもちろん旅行会社も法令違反となってしまいます。

バス代が上がり、ツアー代金が上がり、お客様が少なくなってバス会社の収入が減るという負のサイクルにならない事を祈ってます。

さて、今シーズンの各社のオープニングの商品内容を順番に見ていきたいと思います。

関東発のスキーツアー

 

関東発のオープニングスキーツアーを調べてみました。関東のツアーは朝発日帰り、夜発日帰り、夜発宿泊マイカープランになります。現在販売開始されている主要3社ビッグホリデー、オリオンツアー、トラベルインの値段を比べてみます。

朝発日帰りスキーバスツアー

最初に各社の朝発日帰りスキーツアーを見ていきます。各社の選ぶポイントとして見ておきたいのが、最小催行人員です。最小催行人員とはたとえば15名催行の場合は15名様集まらなかったらツアー中止の全額返金となります。お金が戻ってくるけど、滑りに行けない・・・。なんて事も。

今年は、オリオンツアーは最少催行人員1名~なので予約が1人でも入ればバスは運行されますが、トラベルインは最少催行人員10名ビッグホリデーは最少催行人員15名の設定です。

ツアーバスの設定に関しても、オリオンツアーは平日も毎日運行の強気設定で、ビッグホリデー・トラベルインは週末のみ設定となっています。

関東発の初滑りに関しては、この3社を見比べれば傾向が見えてくると思います。

スキー場名 ビッグホリデー オリオンツアー トラベルイン
湯の丸スキー場 4,500円~(設定9日間) × ×
たんばらスキーパーク 4,900円~(設定9日間) 4,980円~(設定22日間)  5,400円~(設定8日間)
丸沼高原スキー場  5,300円~(設定7日間)  5,480円~(設定37日間)  6,400円~(設定8日間)
ハンターマウンテン塩原  4,900円~(設定4日間)  4,980円~(設定13日間)  ×
かぐらスキー場  8,900円~(設定4日間)  9,480円~(設定2日間)  ×
苗場スキー場  7,900円~(設定4日間)  8,480円~(設定2日間)  ×
軽井沢プリンスホテルスキー場  5,300円~(設定10日間)  5,480円~(設定41日間)  6,800円(設定4日間)
軽井沢スノーパーク  4,400円~(設定3日間)  4,480円~(設定16日間)  4,800円(設定4日間)
アサマ2000パーク  ×  4,680円~(設定33日間)  ×
小海リエックススキーバレー  ×  3,980円~(設定15日間)  ×
車山高原スキー場  ×  4,980円~(設定13日間)  ×
竜王スキーパーク  ×  6,980円~(設定4日間)  6,800円~(設定8日間)
菅平高原スキー場 × × 6,800円~(設定8日間)
ノルン水上 × × 4,800円~(設定2日間)
富士見パノラマ × × 4,800円~(設定4日間)

 

[adsense]

夜発日帰りスキーバスツアー

続いて夜発スキーツアーを見ていきます。夜発に関しても最少催行人員の設定が各社あります。オリオンツアー・トラベルインは1名~ですが、ビッグホリデーは15名~となっております。

スキー場名 ビッグホリデー オリオンツアー トラベルイン
竜王スキーパーク 7,900円~(設定8日間) 7,980円~(設定37日間)  8,300円~(設定17日間)
白馬五竜スキー場 8,400円~(設定8日間) 8,980円~(設定33日間)  8,800円~(設定17日間)
Hakuba47スキー場 8,400円~(設定8日間) 白馬五竜と共通  白馬五竜と共通
志賀高原 8,600円~(設定6日間) 7,980円~(設定27日間)  ×
鹿島槍スキー場 × 8,480円~(設定9日間)  8,300円~(設定13日間)
白馬八方尾根スキー場 × 9,480円~(設定31日間)  9,800円~(設定13日間)
栂池高原スキー場 × 8,980円~(設定30日間)  9,300円~(設定13日間)
苗場スキー場 × × 9,800円~(設定8日間)
グランデコスキー場 × × 7,300円~(設定15日間)

 

いかがでしょうか。今年のスキーツアーの傾向がオープニング特集で見えてきました。また、通常商品が出てきたら比較していきたいと思います。